スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回)現環境における緑単

会社の昼休みだけで更新できるのか!?
(なんでそんなに一生懸命なんだ!?)

行ける所まで書いてみましょう。

それでは、先日のゼロパで使用した緑単を通して、現環境を整理してみましょう。




何故、緑単なのか?

好きだから!というのが理由になりますが、単純に現環境にあっているというのが正直な印象です。


まず、現環境はコントロール環境であるということを十分に認識して頂ければと思います。
今回新しく入った禁受3の生物(クレパス、アニヒレイト)が過去のユニットに比べ、オーバーパワーであることがあります。

また、前回の日記で紹介した爆破コンの台頭。これもビートを使わせる気をなくさせるのに十分すぎるほどの効果があります。

さらに、2chでも噂になっている?(私自身が2chを見ないので、わかりませんが。。。)七つの海の王子+レッドアイ。

ビートが対策しないといけない。そして、対策しきれないカードの山を前に、過去使われていたビートはほとんど死滅せざるを得ないというのが正直なところです。



ということは、ビート耐性が弱くても、コントロール耐性の高い緑単は現環境にあっている。

いかがでしょうか?緑単を使う気になりましたか?


さて、ではゼロパで使用した緑単です。

3 花園の歌姫
3 QTバニー
3 幻惑するフェアリー
3 バンブーベイビー
3 象砲手バルカン
3 妖魔の詩人
2 嘘をつくフェアリー
3 神を撃つ魔剣の勇者
3 妖魔の勇者
3 ガンドリアード

3 獣人の村
3 4-3の変形ベース

1 獣王の門
1 風邪をひいちゃうよ?
3 結界の守護者


手元にデッキがありませんが、確かこの形のはず。。。



古典的な緑単と言える構成でしょうが、この環境でも十分戦えます。

その理由は、ずばりガンドリアードとバルカンにあります。
サイズ6000のユニットに対処するのが、この環境では実は難しいんですよね。
正確に言うと、6000+ベースに対処するのが難しいと考えています。

ということは、そのために必要なのは迷い家ではなく、よりコスト低減を図れる獣人の村である。というのが私の感覚です。



使ってみればわかるかも?しれませんが、緑単はやはりコントロール耐性は高いデッキです。
これは先日のゼロパでも、青単とコロボ以外には負けなかったことからも確認できます。

・・・まぁ、べリアルとかギャラクシードラゴンとかが4ターン目に出てきたら、やっぱり無理なわけですが。。。



ただ、緑単というデッキ自体が持つ特性として、大振りな動きしか出来ないため、細かい盤面の構築は使用者の腕にかかります。
私が使っても、意外と勝てるなーという感覚であるため、緑単を使わせれば天下一品の高松あたりに使わせてみると面白いかもしれません。


どうです?このコントロール環境で腕を試してみては如何でしょうか?



なお、てんちょ日記で有名なてんちょ@オーガは、緑単の使い方は苦手のようでしたwww
(てんちょクラスのプレイヤーでも、緑単を使うのは難しいということですね。。。)


走り書きのため、一部不明瞭な個所もあるかと思いますが、勘弁してください。
なんとなく、更新するかー。で始めると、この程度の記事になります、、、
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

何で俺が引き合いに出されているのかわかりませんが( ´_ゝ`)

赤緑と同じ感覚で使うと失敗しますね
似て非なるデッキです

理由

勝手に名前を拝借させて頂きました。
緑単一筋80年の海さんだから、仕方ないっ!

緑単はデッキとしては、コントロールに強い事は説明できるんですが、
使い方が難しいという例題が思いつかなかったというのが理由になります。

大体の人が知っていて、かつある程度強いと思われていて、
でも緑単を使うのが上手く行かなかった・・・

というと条件的にてんちょになってしまったわけです。はい。

はじめまして

はじめまして。Gohkiと申します。
いつも楽しく読ませていただいて、参考にさせていただいています。
私もビートダウンを愛用しているのですが、緑単ビートダウンがコントロールに強い理由が分かりませんでした。速度の問題でしょうか?
もし出来たら解説をしていただけると嬉しいです。
また、緑単色では、「七つの海の王子」が無理だというのは同感ですが、白なり赤なりを入れて対処すればよいと思うのですが、それでは駄目なのでしょうか?
私はタッチ白でバラの香りと白き勇者ジャンシリル(またはブル・ショット)で対応を考えて現在調整中です。

コントロール耐性の話

コメントありがとうございます。

> 私もビートダウンを愛用しているのですが、緑単ビートダウンがコントロールに強い理由が分かりませんでした。速度の問題でしょうか?
> もし出来たら解説をしていただけると嬉しいです。

そうですね。ここの部分は解説を省略してしまいました。
昔、てんちょ日記に記事を寄稿させて頂いた元ネタだったり、深読み沼地さんのインタビューに答えた記事があったと思いますので(何を書いたか正確に覚えてませんがw)別途解説を加えます。

端的に言えば、
・ユニットのサイズが多色に比べ、ワンサイズ大きくなるので対処するのに苦労する
・スマッシュを能動的に受ける事で、擬似的にエネブーストが可能

特に後者は、緑単の持つ大きなメリットです。
D0はビート側はキャスティングコスト+移動コストを払わないといけないのに対し、コントロール側はキャスティングコストのみで対処出来る事が、コントロール側の強みだと思っています。
エネ差がつけれる事で、ビート側の持つデメリットを消すことが出来ますよね?

> また、緑単色では、「七つの海の王子」が無理だというのは同感ですが、白なり赤なりを入れて対処すればよいと思うのですが、それでは駄目なのでしょうか?
> 私はタッチ白でバラの香りと白き勇者ジャンシリル(またはブル・ショット)で対応を考えて現在調整中です。

単色と複色の問題点は別に整理する必要がありますね。
ただ挙げられているバラの香りはともかく、ジャンシリル、ブルショットは王子が2コストに対して、重すぎるように思えます。
ちょっと難しいかも知れないかなーというのが率直な感想です。

解説ありがとうございました

丁寧な解説ありがとうございました。
緑のコントロール体制の考え方が良く理解出来ました。

調整中の緑タッチ白へのコメントもありがとうございます。
調整の結果、白緑は緑タッチ白のデッキでは無くなってしまいました。
ご指摘のように、別物として考える必要があるみたいです。

これからも、記事を楽しみにしています。
解説ありがとうございました。

緑単の解説記事

>Gohkiさん

そうですね。緑単といっても、それこそスタフルを使ったり、アメーバだったりと色々種類があるので、一括りには出来ないかもしれませんが、私はバニー、バルカンを採用した緑単ビートを意識しながら書いております。


この場合、バニーを出せる出せないが、勝率に直結しますので、私は出来る限り単色で組むのが良いと考えています。


折角ご意見を頂けましたので、(赤黒爆破コンの話も終わった・・・でいいよね?)次は第12回の続きを書きたいと思っております。
プロフィール

海@17

Author:海@17
海@17(木下 智哉)

D0における戦績

日本選手権2006 準優勝
日本選手権2008秋 5位

それ以外は、語るほどの戦績はないような。。。


CiC第二回東京大会 準優勝
CiC第二回大阪大会 優勝

とか、微妙にしてたりします。



IR(石川 錬)

D0における戦績

GP2 4位
GP6 5位

MTGにおける戦績

2004年GP横浜TOP8
2007GP京都TOP8
2007日本選手権準優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。