スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回)デッキデザイナーとしての立ち位置

どもー、海@17です。

昼休みだけで更新するのは限界あるって!
(今回の内容は、それなりに重い話ですし・・・)

とはいえ、私が言いだした部分もありますし、今回は自分の意見を明確にしておきたいと思い、緊急的に更新します。

なお、本記事をお読みになる前に、「(続々)第11回」のコメント欄をお読みになることを強く推奨します。






オクタヴィアヌスさんに対して、

「デッキを作る事が簡単では無いことを理解していないように見える」
「情報共有のためなどと、まるで錦の御旗を立てるかのように晒せ。と言われるのは納得いかない」
「デッキレシピ自体が有用な財産である事を認識した上で反対されているかどうかが大きなポイントになる」

と書きました。

ここについては、勿論今でもぶれていません。デッキレシピ自体が有用な財産です。



少し話がずれてしまいますが、私はD0というゲームにおいて、デッキデザイナーに焦点があたらなすぎているのではないか?と常々思っています。

これはD0が賞金制カードゲームという側面を強く打ち出したため、勝つことが最終目標として設定されたことにも問題があったと思います。
また、DPAが地方予選優勝レシピを掲載してきたことも一因でしょう。

何より、デッキデザイナーに注目した記事が一個たりとしてなかった。これが一番大きい要因だと思います。
(DPAのレポートも試合結果を伝えることに重点がおかれていますしね。。。仕方ありませんが)
これを伝えるには、「どうだ!デッキデザイナーは偉いんだぜ!」と書いても何の意味もなく、「デッキとは如何に苦労して作られているのか?」を書くことが、まず第一歩と認識しています。

遠回りではありますが、本ブログではデッキレシピを掲載する事も目的とせず(議論の土台として必要になる事が多いですが)デッキレシピをどうやって作り上げるか?その過程を伝えるということが影の目標になっています。
強いレシピを欲している人からすれば、面倒くさいブログだなーと思われるでしょうが(苦笑)


究極的な目標では、オクタヴィアヌスさんが掲げている

「様々なアイデアなデッキが存在した方がよい」

と同じところを目指しているのではないかと思います。

レシピを提供するのではなく、レシピを作れる能力を育てる。こうすることで、提供される情報を待つのではなく、自分で作り上げる事が出来ると考えているからです。


こう書くと、始めに書いた「デッキデザイナーに焦点があたらなすぎているのではないか?」と矛盾していないか?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

デッキを自分で作らない人の立場で考えれば、デッキを誰が作ったなんかはどうでもよくて、勝てれば全てハッピーと思うからです。これはデッキを作る苦労を知らなければ、そう考えても仕方ありません。

デッキを作る楽しみもあるのに、勿体ないねーと思うぐらいです。



この前提を理解して頂けない方は、多分このブログを読んでいても冗長な文章が書いてあるだけで面白いものではないと思います。また、そういった方を対象に書くつもりも全くありません。

はっきり書きますが、読むだけ時間の無駄だと思いますので、読まない方がストレスかからなくて良いと思いますよ?



ここまでで大体私が何を問題視していたか?そして、オクタヴィアヌスさんと意見が大きく違っていないと現在思っている事はご理解頂けるかと思います。


まー、生生しく書くなら、

「デッキデザイナーに対して、敬意を払え」

が言いたいことです。



さて、あちらに書くことでもなかったので、こちらで少しこぼしておきますが、、、

私はD0界隈で考える限り、関東から発信される情報が過去圧倒的に多かったと思っています(特に1年目)
スマッシュ7点(今は違う名前ですが)さんやとりあえずやってみたさんが更新していたものの、ターパン牧場、店長日記@オーガという関東の情報発信源がありましたよね。

現状だけを捉えて、関東と関西で関西の情報だけが晒されるとは、論理的に脆弱すぎるでしょう。

ミヒマルさんの考えを頭ごなしに否定するつもりはありませんが(書かれているコメントに対しては同意しませんが)、少なくとも他人に説明するならば、論理的に整理することをお勧めします。
もしくは不要な部分は削り落とした上で、議論したいポイントを絞る事をお勧めします。

説明する気ない。要求するだけだ。と考える方も世の中には一部いらっしゃいますが、著しく社会性の欠落した方ですね。と思われるだけだろうと思いますし、私はそういった方とお話して、時間を無駄にはしませんので、悪しからず。


どちらの考えが正解不正解かは現状では判断付きませんが、議論出来ることを望みます。
(議論のための議論にならないように、結論を出すことを頭に置きながら)



追記)
かしょうひとしさんがオクタヴィアヌスさんのブログへコメントしているように、

>デッキの公開について私の思うところは、別に著作権もなにもなく公開してもいいじゃないかと

こう考える人が居る限り、デッキを作ろうと思う人は減ると思います(少なくとも私はこういった人にデッキレシピを提供したいとは思いません)
また、この方が書いている理屈なら、デッキ自体が公開される必要は全くないわけですからね。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

質問です

記事のほう、読ませていただきました。

内容について反論はないです。
むしろ、ブログなどで公開してくださる方々に対しては感謝しています。
そして、作成理由まで書いてくださっている、海@17さんなどの方々には、頭が下がる思いです。

ただ、ひとつお聞きしたいことがあります。
デザイナーに敬意を払うといのは、具体的にどのような行為がそれに当たると考えていらっしゃいますか。

私の場合は、デッキ紹介それ自体が、デッキデザイナーに敬意を払う行為になるのではないかと思っていました。
なぜなら強い、または面白いと思えるデッキだからこそ紹介される、という側面があると思うからです。
少なくとも私は紹介されたほうが嬉しいと思っていたこともあるのですが。

ただ、今回私のブログに書かれたコメントを読むと、それ以外に敬意の払い方があるのかもしれない、と思い直している次第です。

もしお手数でなければ、具体的にどのような行為がそれに当たるのか、説明していただけると幸いです。


敬意の払い方・・・ねぇ。。。

うーん。。。

じゃー、一つお聞きしますが、オクタヴィアヌスさんがデッキを紹介するにあたって、
そのデッキは誰が作ったのか、紹介されました?

デッキを使っている人の名前が挙げられていることはあっても、デッキを作った人の名前が挙がっている記事なんて、ごく一部でしか見た事がありません。

つまりはそういう事だと思いますが。。。



広める事が良い事だと言っていますが、それであれば作った本人が広めればいいだけですよね?
勿論広められない理由があるのかもしれません。ネット環境がないとかね。

それならば、その人に許可を取って記事として挙げることは、確かに敬意を払ったと言えると思います。
プロフィール

海@17

Author:海@17
海@17(木下 智哉)

D0における戦績

日本選手権2006 準優勝
日本選手権2008秋 5位

それ以外は、語るほどの戦績はないような。。。


CiC第二回東京大会 準優勝
CiC第二回大阪大会 優勝

とか、微妙にしてたりします。



IR(石川 錬)

D0における戦績

GP2 4位
GP6 5位

MTGにおける戦績

2004年GP横浜TOP8
2007GP京都TOP8
2007日本選手権準優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。