スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(続3)第17回)失恋の痛みって何だっけ?

年末は実家に帰らない海@17です。
だって、混むしー。

今年も(?)都内に出没する予定です。


さて、今回の記事で今年の宿題は全て終わりの予定です。

・・・で、いいですよね? > ウェンズデー様
(書いている事をどこでもアナウンスしてないので、いつ気付かれるか分かりませんがw)




さて、前回の記事では失恋はいつ使うの?という問題で終わっていました。

今回はそれをデッキの特性毎に(主観でのみの話になりますが)語っていきたいと考えています。


4.あらためて、、、、失恋って、いつ使うの?
失恋の痛みは、1対1交換を取れる(かなり)強いカードであるということは繰り返し書いていますので、全てのデッキに3枚入れる方が良いと思っています。

が、その理由は、

プランから打った時に簡単にアドバンテージが取れるから。

です。

バードマンソウルが強いというのは今更言う必要もないかと思いますが、これと同じように失恋も(2コストかかるとはいえ)相手のハンドを見て、最も強いカードを1枚落とせる。
これはかなり強いカードです。

従って、プランから打つ事だけを考えれば、黒絡みのデッキであれば、3枚必ず積むべきです。



こう回りくどい書き方をしていると言う事は、、、お分かりだと思いますが、ここが問題です。

つまり、プランから打てない時、手札に引いてしまった時にどう評価するのか?これが失恋の痛みに対する評価だと思っています。


5.手札に引いた失恋の痛み。打つ?打っちゃう?
D0において、エネルギーは基本的に多ければ多いほど有利です。
これについて、異論がある方は中々いらっしゃらないかと思います。

ただ、エネルギーを伸ばすにあたって、一つだけ問題があります。

そう。手札を1枚切ることです。

これは青系のデッキのように手札を多く保持出来るデッキであれば、あまり問題にならない事ですが、他の色では問題になる事が多いことです。

(記憶を掘り起こすのが大変ですが)第17回のコメント欄に千里夜行さんが書いてくれたコメントは正にこの話かなと考えています。

表現が違うため、全く同じかといわれると自信はないわけですがw
(手札に引いた時に弱いのではなく、手札に引いた時に打ちづらいのが私の考えている問題なので)


手札に引いた際も、失恋の痛みはかなり強いカードですが、単なるユーティリティカード以外の何者でもありません。
盤面に影響も与えませんし、自分の場を構築してもくれません。

ただ、相手の展開を遅らせるだけです(これはこれで十分意味があります)

赤黒爆破コンというデッキにおいては、残念ながらそんな余裕はありませんでした。
色エネ拘束が非常にタイトなデッキである以上、相手の小さな生物自体が序盤では結構なプレッシャーになります。

これを全て脅威とした場合には、残念ながら失恋では対処できません。
(この点、青黒にはパウダースノーという対処しやすい生き物が居る事も重要なファクターです)

従って、赤黒爆破コンに限って言うと(青黒以外のデッキには広く適用できるかもしれませんが)、
失恋でテンポを遅らせる事よりも、自分の盤面を構築する方が優先されるため、入っていないが私の考えです。



これが一発決まれば勝てる、例えば無限エネのようなコンボデッキであれば、話は違いますし、何度も例に挙げている青黒のように手札に余裕があるデッキであれば、また違いますね。


6.赤黒には失恋入らないの?
確かにこれまでの書いている内容を読む限りではそうですね。
ただ、これはあくまで前提がありましたね?

>つまり、プランから打てない時、手札に引いてしまった時にどう評価するのか?これが失恋の痛みに対する評価だと思っています。

もし、もしもですよ。
世の中にビートダウンが居なくなって、爆破コンだけしか居なかったとしたら、、、貴方は失恋を入れないべきだと思いますか?

ここでイエスという人は、コントロールが向いていません。大変残念ながら。

相手のデッキの動きが想定でき、かつ自分への脅威が遅い、あまりないとすれば、その時は手札に引いた失恋の痛みは、カードパワー通りの強さを発揮できるでしょうね。


逆にビートダウンしか居ないのであれば、、、、失恋は弱くなるでしょうね。


失恋に絞った話になりましたが、コントロールに対する考え方が伝わっていれば、幸いです。


では、来年更新するかは分かりませんが、
これでSさんとか、中のSとか、Mさんとかからの宿題は完了したと思っていいですよね?w

とりあえず年末年始は暇なので、どこかでオーガで遊ぼうとは思っています。では、皆さんも良いお年を。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様です

 更新おつかれさまでした。僕にとっては正に待望の完結編の更新で嬉しかったです。
 Markさんが「Dimension Walker」の日記で紹介されていて、更新されていたの気づきました。予定通りなら今日のうちの更新で紹介できるなぁ、と思っていて予定どおり紹介させていただきました。
 
 以前のコメントに書いた「【失恋の痛み】が手札に来た時に弱い」、っていうのは、

「【失恋の痛み】はプランからのプレイが最高の強さである」
「相手のビートダウンに対して手札からプレイする余裕がない」(相手の手札の脅威を落とすよりも盤面の脅威を何とかする必要性に迫られることが多いと思った=他のカードが優先される)

 というようなことを当時考えていた、と思います。海さんの記事で示された考え方に近い気もしますが、当時のメタゲームまで視野に入れていなかった、かも? (当時の記憶は曖昧ですが)
 

 とりあえず今年最後の更新、お疲れ様でした。
 来年の更新も楽しみにしていますね♪

Re: お疲れ様です

どーもー。こんばんは。
(何とか、年内にコメントできました)

失恋の強さは仰る通りですね。
ここに失恋を打つタイミングの強さ。ってのが加えられると(手札から打たないタイミングがある)もっといい説明が出来るのですが、そこまで説明出来る気が今はしないので。。。

とりあえず、千里夜行さんに宣言した(って、遅い?)更新は何とかこれで果たしたってことで。。。

来年もよろしくです。

2009年に間に合わなかった

お久しぶりです、月海です。更新楽しみにしてました。そして明けましておめでとうございます。書いてる途中で年が明けてしまいました(笑

失恋の痛み編、堂々の完結ですね。お疲れ様でした。

手札に来た失恋をどうするのか?
いつ使うのか?は考えましたが、ここはあまり考えていませんでしたね~、今読み返してみればここが問題の本質の一つなんですけどね。
一連の記事のお陰で、失恋の強さと難しさ、メタと構築・プレイングの奥深さを実感しました。ありがとうございます。

海さんの記事のお陰で2009年はディメンション・ゼロをより深く楽しめました。2010年も楽しめると良いなぁ~、と勝手に期待してます。
良い新年を過ごされることを祈りつつ。

月海

あけましておめでとうございます

お久しぶりです。かなり遅れてしまいましたが、更新お疲れ様でした。
こちらのチェックはほぼ毎日してたんですが、コメントを残す余裕が最近なかったので日記での紹介のみにとどまり、今更のコメント投稿です(苦笑)。

「失恋の痛み」に限ったことではありませんが、カードの使い方ってやはり奥が深いものだと改めて思います。この部分をきちんと説明できる方ってなかなかいません。改めて海さんの凄さを実感しました。

私も負けないように頑張らなきゃと思う次第です。
今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます

カードの強さを書けているかというと、私的には少し疑問があるんですけどね。。。

今回は、プランから使うor手札から使うという場面に絞って書きましたが、
ここには手札に引いて、いつ使うのか?というのが次に考えられるべき話だと思うんですよね。。。

手札に引いて、いつでも使えるのであれば、それは強いカードであり、
クリティカルな盤面で無いと使えないと、それは弱いカードの可能性がある。


ただ、この話を始めると、デッキ構築の基礎がまずあってみたいな話になります。
1.カードパワーの強弱/シナジーの有無(縦と横の観点から)
2.色エネバランス
3.2を受けてのデッキ毎に求められるプレイイングと、プレイイングにあった色エネ配分

このあたりは最低限理解していないと厳しいと思うんですよね。。。
例えば、06日本選手権で私の使用したデッキではバドソを使ってません。
今書いている事だけで言えば、強いカードであるバドソは入れるべきですが、現時点で組んでもバドソは使いませんね。
(Bデッキを4色プランにする可能性はありますが)


と、ここまで書き出すと、終わりが見えない話なので、カード単体の記事はここで終了です。
もし今後考えるのであれば、このコメントに書いた内容を基にされると分かりがいいかもしれませんね。
プロフィール

海@17

Author:海@17
海@17(木下 智哉)

D0における戦績

日本選手権2006 準優勝
日本選手権2008秋 5位

それ以外は、語るほどの戦績はないような。。。


CiC第二回東京大会 準優勝
CiC第二回大阪大会 優勝

とか、微妙にしてたりします。



IR(石川 錬)

D0における戦績

GP2 4位
GP6 5位

MTGにおける戦績

2004年GP横浜TOP8
2007GP京都TOP8
2007日本選手権準優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。