スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回)強くなりたい?

またまた第4回から間が空いてしまいました。
ボチボチと記事は書いているのですが、、、中々。

恒例の泣き言謝罪はおいておき、今回はデッキの紹介ではなく、
D0というカードゲームにおける取り組む姿勢について、少しお話したいと思います。




ご存知の通り、D0は賞金制カードゲームです。
公式大会、特に日本選手権においては、勝ちたいと思う人が山のように居ます。

貴方はその中で今何位でしょうか?

今回は、今までで一番良い順位になった?それとも、一番悪い順位になった?
まぁまぁな順位?


私もそうですが、今までより少しでも順位が良くなると、
「次は、もう少し上に行けるかもしれない!?」

少しずつ欲が出てきます。
勿論、欲が出る事は決して悪い事ではなく、良い事です。
それがあるから、次はもう少し頑張ろうと思えるわけですから。


ここで、ちょっと待って

もう少し上に行くためには、一体どうすればいいの?
今と同じやり方、練習をしていて、本当に強くなれるの?

一度考えて欲しいのは、実はここです。


試合に勝つために練習する。
これは言ってみれば、当たり前の事です。

悟空だって、精神と時の部屋にこもって修行するわけです。


で、これは部活動をやっていた人にはわかりやすい話になるかと思いますが、
練習は必ずしも楽しいものではありません。
試合は楽しいけれど、練習は楽しくない。

こういった経験を持つ人は多いのではないでしょうか?


何もゲームのために、楽しくない練習する必要ないでしょ?
ゲームなんて楽しむためにやっているものなんだから。

これは真実です。
楽しむためにやっているわけですから、何も嫌いな事はしなくてもいいですね。

しかし、強くなるために楽しくない練習をしなくていい。なんてのは一部の才能ある人間だけの話です。
残念ながら、ゲームであろうが、強くなるためにはやはり楽しくない練習が必要です。

まず、これを理解してください。それが強くなるための第一歩です。


じゃー、何すりゃいいんだよ?

まぁまぁ、焦らないで下さい。
何故、練習というのは面白くないのでしょうか?
D0における練習とは、どういったものを指すのでしょうか?
残念ながら、この正解を私は知りません。

但し、私のやっている方法なら書く事が出来ます。

「100本ノック」と呼んでいますが、簡単に言えば、赤緑迷い家対青赤灼熱をデッキを変えずに、ずーっとぶっ通しで、(100試合は言いすぎですが)やります。

特に、「このデッキで、このデッキに勝てるはずだ!」「このデッキを使いたい」という自分が可能性を見出したデッキ、「このデッキ強そうなんだけど、使い方が良く分からないな」という勉強するべきデッキは、それこそ一日中回し続けます。

この目的は、大体の負けパターン、勝ちパターンを確立出来る事です。

分かれば、それが調整のきく範囲か、範囲外なのか?
範囲外ならば、特定のデッキに当たった場合、諦めるという事でいいのか?

この苦しい所は、、、人間ですので、飽きてしまうという事です。
そりゃ、そうですよね。
そして、大体にして、当初は負け続けてしまうということです。
負け続けるのは、練習だとしても、やっぱり気分のいいものではありません。

しかし、やらなければならない事ですので、私はなるべく楽しむようにしています。
100試合のうち、1試合1試合に小さな目標を立てます。
「さっき、ここでこういうミスをしたから、今度はしないようにしよう」

D0は盤面を動かしてみて、始めて分かる事が多くあります。
出来る限り沢山の練習をしてみてください。
勿論、私が挙げた方法以外にも、いい練習方法はあると思います。
もし皆さんがそれを見つけることが出来たなら、他の人にも伝えてあげてください。



ということで、第5回の記事は以上になります。

記事を書いていながら、なんですが、、、
ゲームですので、必ずしも強くならなければならないわけではありません。
D0との付き合い方は人それぞれあると思います。

しかし、気軽に「強くなりたい」とだけ言ってしまうと、やるべき事が分からなくなってしまう事が多々あります。
あまり良い話ではありませんが、本当に強くなりたいのか?強くなるためには何をすればいいのか?

確認する事も少ないでしょうし、こんなお説教じみた話を書く人も居ないでしょうから、あえて書いてみました。
少しでも、考える役に立てれば幸いです。



補足)
他人に説明する事は、自分のためになります。自分の理解を深める事が出来ます。
ですので、出来る限り、自分が練習に気づいた事は「こう思うんだけど、どう思う?」と他の人に話してみてください。
それを冷静に話せて、かつ矛盾しなければ、その理屈は自分が理解している、納得しているものとなります。
「とりあえず」「こうなるはず」といった推測が入る時は注意してください。
大体にして、相手に伝わらない=自分が理解してない事が多いので。
何かを学んだら、他人に説明してみるのも、良い練習になりますよ(D0に限らず)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めましてバキと申します
いつも楽しみに記事を見させて頂いています
僕はこのような記事を掲載して下さることはとても素晴らしいことだと思いますし何より自分達の調整等の情報を積極的に丁寧に掲載して頂けることは感謝の気持ちを感じている所存でございます
しかし、残念ですが今回の文面を見させて頂く最初に言い訳という形で始まっているように感じます
特に今回はトーナメントを強く意識したプレイヤー以外のユーザーに訴える形になっていると思いますのでやはり最初にそういった形にしてしまうことは真に残念だと思います
すみません
かなりハッキリと言わせて頂きました。
しかし、僕はこのブログはすごく素晴らしいと思いますのでこれからも是非頑張って下さいo(^-^)o
これからも勉強させて頂きたいと思いますので応援させて頂きます

コメント有難うございます

>バキさん
読んで頂き、またコメント下さり有難うございます。

コメントの主旨について今後の運営に反映できるよう、間違いないか確認させて下さい。


バキさんとしては、カジュアルプレイヤー(トーナメント志向ではないプレイヤー)向けの記事を書いて欲しいという意味でのコメントと理解しておりますが、間違いないでしょうか?

うーん。考えてはみますが、私がネタを思いつくかどうか、そしてその方向に書けるかは、、、自信がありません。
というのは、私自身がトーナメント志向プレイヤーだからです。


>特に今回はトーナメントを強く意識したプレイヤー以外のユーザーに訴える形になっていると思いますいますのでやはり最初にそういった形にしてしまうことは真に残念

今回の記事は、トーナメントを強く意識したプレイヤー向けに書いております。
バキさんは逆に取られてしまったようなので、自分の文才の無さを改めて痛感いたしました。

文中では、、、そうですね。この一文で確認して頂けるのではないでしょうか?
>ゲームですので、必ずしも強くならなければならないわけではありません

強いことと勝つこと

 「強くなりたいなら、覚悟決めて練習を」というお話、と私は受け取りました。どの程度かは別にしても自分を高いレベルへもっていくには確かに必要な要素だと思います。
 その上で、「勝つために(大会で結果を出すために)どうすればよいか」が難しいわけですね。
  
 自分としては今回のようなお話や、以前書かれていた「デッキレシピ生かそう」といったデッキそのもの以外のお話もまたして欲しいと思ってます。
  
 

仰る通りです

言うは易し、行うは難し。

強くなるという道程は、簡単なものではないと思ってます。
途中で止めたくなる事も沢山あります。

それでも、強くなりたいのか?結局、そこが問われる事が多々あるんですよね。
要約すれば、千里夜行さんの仰る「覚悟」だと思います。

自戒の念もこめてですが、強くなりたいという人間が楽しみたいという人間に対して教える時に、
強くなるべきと強制する事が多々あるんですよね。
これだけは避けなくてはならないと思ってます。

結構、周りが見えなくなるんですよね。。。

楽しければ良い。 と言ってみたい笑

はじめまして。
北の大地でD0やっとりますひつじといいます。

どれもとても内容の濃い記事で
すごく勉強になります。
環境のこと,カードのこと。
なるほどなぁと思うことばかりです。
これから頻繁にお邪魔します笑


強さについてですが
これもまた難しいですね。

環境でみてもカードでみても
その前提で大きく変わる価値観なのかなと。

また大会で勝つ強さを得るにはやはり練習。
特にD0はやらないと、動かし方さえわからないと思います。
たとえ勝率が高いデッキをポっと渡されても
絶対勝てないです^^;

私はカジュアル気味にやってますが
ショップトライアルに出れば
やはりファイナルの権利は欲しくなりますし
できる限り上に行きたいという欲も出てきます。
そして環境にあった「強いデッキ」ではなく
自分の好きな「夢いっぱいデッキ」で勝ちたいです笑

それにはやはり、必要以上の練習が必須であり
また、当たるであろうデッキに慣れることが必要と思います。

土地柄のせいか今まで赤緑系に当たったこともなく
また、融解にはニ度ほどしかないので
耐性はまったくといってないですが(

まぁ、勝ちにいくための練習にしろ
勝つためのプレイにしろ
楽しみながらやりたいですね。

初めまして

ひつじさん、コメント有難うございます。

D0のみではなく、(何事もそうですが)多種多様な付き合い方があります。
強くなるというのも、数ある選択肢のうちの一つです。

D0は豊かなゲーム性を持つゲームでありながら、
賞金制という言葉を持つために、強くなる事のみが正しいと思い込んでいるユーザーが居る事は否定できません。

そうではない事。
ゲームとして見れば優れている事を考えて欲しいというのが、この記事を書いた動機になります。

強くなる事だけではなく、楽しむ事を忘れないで下さい。

「勝てない=楽しめない=止める」単純な図式に落とし込まないで欲しいなーというのが私の願いです。



とは言え、私自身は強くなる事を目標にプレイしていますので、強くなりたい人向けの情報発信として、このブログを立ち上げてます。
どこまで発信出来るかはわかりませんが、折角立ち上げたわけですから、頑張ってみます。
プロフィール

海@17

Author:海@17
海@17(木下 智哉)

D0における戦績

日本選手権2006 準優勝
日本選手権2008秋 5位

それ以外は、語るほどの戦績はないような。。。


CiC第二回東京大会 準優勝
CiC第二回大阪大会 優勝

とか、微妙にしてたりします。



IR(石川 錬)

D0における戦績

GP2 4位
GP6 5位

MTGにおける戦績

2004年GP横浜TOP8
2007GP京都TOP8
2007日本選手権準優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。