スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回)WGP向けデッキ構築 ~一体、どんなデッキがいいんでしょ?~

いよいよWGPが今週末に迫ってきました。

WGP向け記事として、デッキ紹介をしようと思っていたものの
中々時間を取れず、デッキ調整も出来ておりません。

という事で、このデッキは強いよ!というレベルでの紹介にはなりませんが、
今の環境に触れるという意味で、少し整理した記事をお届けします。



1.カンノンは最強!

結論から言えば、カンノンが入るデッキは無いのではないだろうか?と思っています。

より正確に言えば、青赤灼熱王デッキには入れても良いと思いますが、私自身が青赤灼熱王が好きではない(第3回、第4回の記事をご参照下さい)ため、選択しないからです。

もし私が組むとすれば、青赤灼熱王をよりコンボに特化させた形で、アーミーアースワーム、カンノン、灼熱王は必須と認識しています。

赤緑ビートについては、、、試してみましたが、カンノンなしの方がすっきりしてしまいました。
(カンノンがあれば勝てる状況もありましたが、、、)



2.中心となるデッキは?

コンボデッキとしてのフィニッシュ手段(カンノン)を獲得した青赤灼熱王。
コントロール志向の多色型灼熱王。
ゲルトロールが居なくなったことにより、小型化してしまった赤緑ビート。
小型化を嫌い、ゲルボックルを足し合わせた赤緑ビート。

つまりは、灼熱王と赤緑ビートの二大巨頭の対決となるのではないでしょうか?
ただ、今回の環境は灼熱王側が有利という形だとは思いますが。。。

先日の日本選手権で使用された青白スマッシュロックは、、、
マジョリティという勝ち手段が無くなった事により、魅力が激減したといってもいいかと思います。

ただ、エスティタートがコントロールに強い事は間違いないですね。
何も白でなくてもエスティタートは出す事可能ですから、エスティタートは環境のキーの一つになるかもしれませんね。


3.4-2によって新しく持たされたモノ

新しく作られたデッキ、、、残念ながら、刀匠のみでしょうか。。。
ただカードとしては、色々ありますね。

皆さんも探してみては如何でしょうか?

WGPはガチではないというと語弊がありますが、お祭り色のより濃い大会ですから、まだまだ環境も研究途上にあるのではないかと思っています。
(全国から参加者が集まるわけではないですし)

本番(?)のツアートライアルの環境を作るのは、もしかしたら貴方かもしれませんよ!


4.使用デッキは?

折角ですので、私が調整していたデッキを紹介して、記事を締めたいと思います。

多分本番で使う事はないですが、私が遊んでいたデッキは青黒プラントコントロールになります。
4-2でもたらされたフォービドゥンとダークサイドソウルが強くてですねぇ。。。

3無限凍結
3フリーズクロック
2スノークロック

3フォービドゥン
3異界のサキュバス
3メローカード

3廃棄物処理場
3骨肉加工場

3失恋の痛み
3ナイトメアソルジャー
2真夜中のダンスパーティー

3パウダースノー
3ローグロングホーン

3ダークサイドソウル


このまま使うのはお勧めしませんが、コンセプトとしては面白いものがありました。

私が定期的に更新出来ていて、訪問者が一定数居るという前提であれば、
ここから私がどのようなチューンを施していくのか?というクイズをしても面白いと思いましたが、

前提の「定期的に更新出来ていて」が厳しいため、今回は見送ろうと思います。

最近コメントを頂いているディメンションウェンズデーさんの更新には、頭が下がります。
ホント、すごいですよね。





さて、第6回は環境の考察が不足している中での記事になってしまいましたので、
どこまで信用できる記事か若干???がつきますが、ご容赦下さい。

何はともあれ、今週末のWGP。皆さんが楽しめますように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カンノンの生きる道

 カンノンの持つ破壊力を生かす道を探すか、反対に不安定さを嫌ってメタゲーム(主に灼熱王か赤緑?)を考慮したメタデッキを構築するか、ってのが大筋だと思います。
 ただ、いずれの場合も色が合えばカンノンというフィニッシュ要素を加えていくのではないか、というのが私見です。

 しかし、そんなメタゲームとは関係ないところでもWGPを皆が楽しんで欲しいとも思います。
 どんなデッキが飛び出してくるか。蓋を開けるのが楽しみです。

これがカンノンの生きる道

フィニッシュカードを手札に抱えていないといけないというのは、手札を能動的に増やせるデッキでないと駄目なんですよね。
というわけで、記事に書いたとおり、青赤灼熱には入れていいと思っています。

これについてはデッキのアーキタイプとしての好みがあるので、、、

今回は調整する時間がほとんど取れていないので、好みでないデッキまでは手が回ってないんですよね。。。正直な話。
プロフィール

海@17

Author:海@17
海@17(木下 智哉)

D0における戦績

日本選手権2006 準優勝
日本選手権2008秋 5位

それ以外は、語るほどの戦績はないような。。。


CiC第二回東京大会 準優勝
CiC第二回大阪大会 優勝

とか、微妙にしてたりします。



IR(石川 錬)

D0における戦績

GP2 4位
GP6 5位

MTGにおける戦績

2004年GP横浜TOP8
2007GP京都TOP8
2007日本選手権準優勝

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。